プロパーカード

JCBカードW|年会費永年無料で還元率1%以上のコスパ最強カード

JCBカードWは、年会費永年無料ポイント還元率1%と高還元率のクレジットカードです。国際ブランドJCBのプロパーカード(オリジナルカード)で安心、安全な信頼できるカードになります。

ポイント還元率の高いカードを作りたい方、でもサービス面も安心したい方、初めてクレジットカードを作る方には大変おすすめなカードです。
JCBオリジナルシリーズ

1.JCBカードWの基本情報

年会費 永年無料
家族カード 無料
ETCカード 無料
還元率 1%~10.5%
電子マネー QUICPay

日本が誇る国際ブランドJCBの中でもコスパ最強カード。年会費永年無料でポイント還元率は常時2倍の1%。その他お店によっては5.5%還元、ネットショッピングでは最高10.5%還元もあります。18歳から39歳まででWeb入会限定と対象をしぼったカードです。迷ったらまずこのカードでOKです。JCB CARD W plus Lは、更に女性向けの安心サポートのついたカードになります。

2.JCBカードWの特徴

国際ブランドJCBのプロパーカード

JCBカードWは日本発の国際ブランドJCBのプロパーカード(オリジナルカード)です。JCBは日本で加盟店が一番多く使いやすいクレジットカードです。また、ポイントはOkiDokiポイントが貯まりますが、使い勝手はNo.1と言われています。

JCBカードにはランクが上がっていくカードがありますが、JCBカードWは実用性に特化したカード。JCBのサービスが使えた上で年会費永年無料、ポイント還元率常時2倍(1%)と文句なしにJCBコスパ最強カードです。

私も22歳の時から20年以上JCBオリジナルシリーズをメインで使っています。海外でも日本人が良く行く観光地であれば使えます。今まで海外旅行は全てJCBで使えました。安心と信頼、実績のあるJCBカードをぜひ無料で作ってみて下さい。

永年年会費無料

国際ブランドJCBのプロパーカードでありながら、永年年会費無料のクレジットカードです。最近は同じく年会費無料のカードがありますが、ポイント還元率の高さとNo.1と言われるJCBのポイントシステムを利用利用できるので、大変お得です。永年無料なので、デメリットないですよね。

JCBからしたら、申込者が増えれば、加盟店からの手数料アップが計れるわけで、年会費無料が実現しています。ただし、使用実績などによってゴールド、プラチナ、THE CLASSとランクが上がっていくことは無いのが欠点といえます。実用性はじゅうぶんですが、ランクアップしたい方は、ランクの上がる一般オリジナルシリーズにチェンジしていきましょう。⇒オリジナルシリーズ公式

ポイント還元率1%以上

年会費無料なのに、ポイント還元率が通常(0.5%)の2倍、1%還元になります。更にスターバックスでは最高5.5%、セブンイレブンは2%、Amazonで2%と利用店舗によっては更にポイント還元率が高くなります

会員専用WEBサービス経由でネットショッピングすると最高10.5%の還元もあります。他にも1%還元カードは存在しますが、使いやすいお店で常時還元率が高くなるカードとしては、JCBカードWは一番だと思います。

ちなみに、私はJCBオリジナルシリーズの最高ランクのTHE CLASS(年会費5万円!)を使っているのですが、年間100万円以上利用条件でやっと還元率0.8%です。もちろんサービスが違いますが、還元率で見るとJCBカードWの1%の方が優れていてお得なのです。本当にすごいと思います。

入会は18~39歳限定&WEB限定

JCBカードWの大きな特徴が年齢制限です。39歳まで入会できるわけですが、40歳になったらどうなるのか不安ですよね。実は39歳までに入会すれば、40歳以上になっても使えるそうです。他の年齢制限のカードでは、年会費有料のカードに移行させられてしまうことが多いので、とっても良心的です。

JCBカードWが発表された時、すでに40歳超えていた私はびっくりしました。20年以上JCBオリジナルシリーズをメインで使ってきて、サービスには満足していましたが、ポイント還元率だけはちょっと不満だったからです。ランクが上がって年間100万円以上使ってやっと還元率0.8%の権利を得ているのですが、JCBカードWは年会費永年無料でポイント還元率1%ですもの。私が20代の頃にこのJCBカードWがあったら絶対入会してます(泣)

家族カード、ETCカード年会費無料

JCBカードWは家族カードも無料、ETCカードも無料なんです。年会費無料なんだから当然じゃないの?と思われるかもしれませんが、他のカードだと、料金かかることも多いです。

この中で注目したいのがETCカードです。JCBカードWは18歳以上で学生や主婦の方でも作れます。審査が緩いとは言いませんが、通りやすいクレジットカードだといえます。年会費無料のカードですから、ETCカードを作る目的でこのJCBカードWを作ってもいいのではないのかとまで思いました。

このほか、JCBならではのセキュリティ対策やサポート体制があります。また、JCBはハワイに強いので、JCBカードWの提示で利用できるサービスも多く、ワイキキトロリーバスも無料で乗れます。

JCB CARD Wには、 plus Lというピンク色のカードもあります。特に女性向けの安心サポートのついたカードになります。女性の方はカード申込みの際、JCB CARD W plus Lを選ぶとお得かなと思います。

公式ページ

3.OkiDkiポイントプログラム

JCBカードWを使うとOkiDokiポイント(オキドキポイント)が貯まります。1000円で通常1ポイント貯まるところ、JCBカードWは2ポイント貯まります。1ポイントは交換先によっても変わりますが3.5円~6円くらいです。JCBギフトカードへの交換は、1050ポイントで5000円分です(1ポイント4.76円)。

ネットショッピングをよくする方は、JCBのWEBサービス「My JCB」の「OkiDokiランド」から各ショップで行くと、最大20倍のポイントアップになります。

私はよくAmazonを使うのですが、いつも2倍ポイントが貯まります。母の日にお花を買う時は、ポイント6倍のお店で買いました。お得なのでぜひ使ってみて下さい。

そして、ポイントの使い道ですが、簡単にまとめます。

・ギフトカード 1050ポイント ⇒5000円(1P⇒4.76円)

・Amazon   1ポイント ⇒ 3.5円

・JALマイル  1ポイント ⇒ 3マイル

・ANAマイル  1ポイント ⇒ 3マイル

・他の(nanacoポイント、dポイントなど)1ポイント ⇒ 4~5ポイント

私は以前は交換率の低いAmazonで使ってしまっていましたが、最近はマイルに交換するために貯めています。交換先は多いので、困ることはないと思います。

OkiDokiポイントは、国際ブランドJCBのオリジナルプログラムだけあって、貯めるためのサービスの多さ、ポイントの使い道ともにNO.1といわれています。

高還元率のJCBカードWとOkiDokiポイントプログラムは最強の組み合わせといえますので、ぜひ試していただきたいです!

まとめ

JCBカードWは年会費永年無料でポイント還元率1%の超お得カードです。入会はWEBのみで、18~39歳までと制限がありますが、入会すれば40歳以上になっても使えます。

家族カードやETCカードも無料です。

JCBカードWは、ポイント還元率の高さに特化したカードです。使いやすさNo.1のOkiDokiポイントとの相性は最強です。

ポイント還元率ばかりに目がいきますが、国際ブランドJCBのプロパーカードなので、基本的な安全性、セキュリティなど全て備わっていて安心です。

JCBカードWは永年無料なので、カードを作るデメリットはありません。18歳~39歳の方で、初めてクレジットカードを作る方や、ポイントを貯めたい方はぜひこの機会にご入会してみて下さい。おすすめですよ!今ならWEB入会のキャンペーンも行っていますので、公式ページをご覧下さい。

公式ページ