ケースシリーズ

クレジットカードを盗難・紛失した場合どうすればいいか?

クレジットカードを盗難にあったり紛失した場合、どうしたらよいか知っていますか?

カード裏面の連絡先に電話を・・・て、カード無くしてますからね。

ネットで調べてもなかなか出てこない。

自分のカードはどこの提携会社のなんていうカードか正確に覚えてない・・・。

やっと電話つながったと思ったら、窓口違いますとたらいまわし・・・。

クレジットカードの悪用を防ぐためにも早く対処したいもの

そんな不安な状況を解決します!

もし盗難・紛失にあってしまったら?

もし盗難・紛失にあってしまった場合、いちばん怖いのが不正使用です。

①まずすぐにカード会社に連絡し、クレジットカードを止めてもらいましょう

その上で再発行手続きになります。再発行には手数料がかかることがほとんどですが、しょうがないですね。

カード会社への連絡は電話が一番速いので、携帯電話に登録してあると安心です。

また、スマホやPCがあれば、Webサイトからも停止手続きができる会社もあります。

電話がつながりにくい会社も多いので、Webサイトも検討してみて下さい。

次に警察へ盗難届、紛失届を出して下さい。

カードによっては盗難保険が入っており、不正使用された場合、カード会社が損害補償してくれます。補償のためには警察への届出が必要です。警察から届け出の証明書をもらえます。

③その次にカード会社からの請求書をよく確認して下さい

少額でもおかしい請求がないか確認しましょう。

もし身に覚えのない請求があったらカード会社に問い合わせ、補償の受付をしてもらいます。

④最後にカード再発行に伴う手続きです

新しいカードが届いたら、カード番号も変わりますので、カード支払先との再契約を忘れずに行って下さい。ちょっと面倒ですが、これもしょうがないですよね。

もしもの盗難・紛失のため、連絡先を登録しておこう

クレジットカード裏面(ほとんどが左下)に、お問い合わせダイヤルが記載されていると思います。プラチナカード以上をお持ちの方は裏面のコンシェルジェデスクでOKです。

携帯電話に登録しておきましょう。

同時に手帳にも書いておきましょう。

盗難・紛失の際はあせっていますので、いちから調べるのは大変です。

また、2枚以上持っている方がほとんどだと思いますので、

「クレカ 楽天」「クレカ JCB」

のように思い出しやすいキーワードで登録しておくと便利です。

提携カードをお持ちの方の場合、裏面の連絡先では対応できない場合があり、たらいまわしになる可能性があります。一度裏面の電話番号に連絡し、確認を取っておくとよいと思います。

また、365日24時間対応かどうか。他にも音声案内だけで、のちほど担当者から連絡しますという会社も残念ながらあります。

そのような場合、旅行などでは不安なカードになりますので、カードの再検討自体必要かもしれませんね。

まとめ

私もハワイに行ったとき、帰りの空港で財布を無くしたことがあります。

おしりのポケットに入っていたはずが・・ないんですよね。気がついたのがフライト直前だったので、現地警察に届けられず、日本に到着してすぐにJCBに電話しました。

社員旅行だったので、まわりの人にJCBのカード持ってないか聞いて回り、カードの裏面の電話番号に連絡しました。幸いすぐに応対してもらいカードを止められたので、不正使用はありませんでした。

クレジットカードの連絡先なんて、ほとんどの方が気にしてないですよね。

でもいざという時のために携帯に登録しておくと便利です。スマホまで無くしたら・・・

マホを借りて調べるか、公衆電話で104で連絡先を調べるかです。

手帳に書いてある方はそれを使ってください。

皆さんぜひ、いざという時の備えのためにクレジットカード裏の電話番号、登録しておきましょう!


クレジットカードランキング